化学の進歩による産廃処理を|再資源化の促進

作業者

回収業者の注意

一般廃棄物を市町村の許可を得ずに回収している業者は違法です。さいたま市でもこのような業者が存在していることがあるため、一般廃棄物の回収を行なう際には注意が必要です。

粗大ゴミ

高性能な機械を使用する

廃棄物処理にかかる時間を短縮することができれば、建設期間を短縮することができるので、その分コストを削減することができます。高性能な廃棄物処理機械を使用し、現場の作業効率を高めましょう。

作業員

細かく定められている

さいたま市では、細かく一般廃棄物の処分方法が定められています。さいたま市に住む人は、この廃棄方法をしっかりと守らなければなりません。こうした情報は、さいたま市のホームページで閲覧することができます。

限りある資源の有効活用

廃品

これまでの産廃処理は主に焼却処分が行なわれており、焼却処理が済んだ後にも燃え殻が残っていました。燃え殻はこれ以上変化させることができないため、埋め立て処分を行なっており、産廃処理を行なうにあたって埋め立てる場所が無くなりつつありました。しかし、最近では化学的処理を行なうことにより、有害な物質を無害にすることが可能となりました。そのため、廃棄物を再利用することができるようになってきています。産廃処理を行なうにあたり、廃棄物の内容によってはリサイクルすることができます。そのため、最近では廃棄物をリサイクルする事業を始めている企業も存在しています。リサイクルを行なっている会社に産廃処理を依頼するにあたって、リサイクル可能な廃棄物かを確認する必要があります。そのため、廃棄物の一部を分析しリサイクル可能な物を回収してくれます。その際に回収してくれるものは主に、廃油、廃水、汚泥の3つです。廃油は燃料に、廃水は金属滓に、汚泥はセメントの材料として再利用できるようになっています。廃棄物を再利用することで、限りある資源を大切に利用することができます。今でも、限られた資源をできるだけ再資源化するために様々な企業も力を上げて研究しています。地球の資源は有限であるため、未来の子供たちのためにも大切に使用していかなくてはなりません。発生した廃棄物の処理を行なう際はできる限りリサイクルすることを心がけましょう。